人間はことの本義を忘れていく存在です。日常生活のなかにある慣習のようなことについては、あまりにもあたりまえすぎて、そもそもの意味合いを考え直すことをしません。

それは真宗の風儀においても同じことがいえます。

日課のようにおこなう仏前での勤行には、正信偈を読誦する場合が多いと思います。そして、その正信偈には、念仏と和讃をあわせてとなえることが一般的でしょう。

このような説明をしますと、そのようにしていない方々からは異論・反論が出されるかもしれません。なにも正信偈に限らず、讃仏偈や重誓偈、あるいは阿弥陀経でもいいのではないかと。

しかし、長い時間を経るなかでつちかわれてきた真宗の風儀では、やはり正信偈に念仏と和讃をあわせて読誦することにとても大事な意味をみいだしていました。

かくいう私自身も、正信偈を読誦することの意味合いを以前から考えていたわけではありません。

たまたま、しかもなかば義務的に読む機会が与えられた『考信録』という江戸時代中頃の本にこうしたことが書かれていて、私のこころに留められたに過ぎません。

正信偈は宗祖親鸞聖人の主著『教行信証』の一部分です。聖人が関東滞留中から書きはじめられ、晩年にいたるまで改訂を加えられた畢生の大著です。その一部分だけでも日課として読むことは、いかにも真宗の勤行としてふさわしいものです。

ところが聖人渾身の力作であっても、無智の輩、つまり私たちには読み上げる語句の意味がすんなりとは理解できません。そこで意を解した和讃があわせ読まれるようになったのです。和讃もまた聖人の述作です。

これでめでたく正信偈を読誦する意味がわかりましたね、となるのでしたら、わざわざここにこの話を出してはきません。

一番大事な主点は、正信偈や和讃にあるのではなく、またそれをいかに上手に読み上げるのかということではなく、念仏にあるのだということが『考信録』には記されているのです。

念仏は正信偈の後、和讃に挟んでとなえるものという感覚が私にはあり、念仏こそが主であるなどとは微塵も気が付いていませんでした。

正信偈と和讃は、ともに念仏伝来の先徳をたたえ、阿弥陀仏への帰依信順をすすめるための言葉です。それを読み、聞き入れた上で、口から出てくる称名念仏こそが他ならぬ正業であるという指摘は、そういわれればなるほどそうなのかという思いがこみ上げてきて、新しく気づかされる機会となりました。

思わずひざを打つ瞬間でした。

華園学院教授
大原観誠